*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の猫ニャンは?
101006-1







今日も仔猫のお話です。

午前中に動物病院へ行って健康診断してもらいました。

めっちゃ良好!


とにかく育て方がわからないので、里親が見つかるまで
ガンバって育てなければいけないので、いろいろ
レクチャーしてもらってきた。


診察台で、ごはんを食べさせてもらいながら、食べさせ方
を教えてもらい、食べた後は排泄をさせる為に
お尻を濡れ布でトントンしてあげる・・・

あ~ら不思議。いっぱいでましたぁ~(笑)
パンパンにはってたお腹もすっきりしてた(笑)



とにもかくにも猫ちゃんの育て方がわからないので
先生や受付の女の子に一通り聞いて帰ってきました。



そうそう、白猫は女の子で茶猫はオスでした。


生後1カ月ぐらいらしく、歯もはえて
ちょうどミルクから離乳食にかわった頃のようで
仔猫用の猫缶も一緒に購入。




     余談ですが、受付の女性が一生懸命お世話してくれて
      すごく助かったのですが、ワタシの方が受付の仕事大丈夫かなと
ハラハラしてしまった。
      だって、ワタシの後に来た患者さんがいっぱいだったのです・・・






101006-6





家に戻ってからもワタシは大忙しになった。
NPO法人日本アニマルトラストに電話して
里親探しのお手伝いしてもらうため、写真を
撮ってメールを送った。


次は、病院に貼り出してもらうために「里親探し」
のチラシ作りして、とにかく可愛く撮れた写真を
4枚付けて、夕方5時に持っていく準備をした。


そうこうしてるうちに、にゃん達にごはんを上げる時間。


にゃん達のごはんは、1日に数回あげないと
いけないのでこれがちょっと大変かも 






101006-5




お~~と、シュナラムのことも忘れてませんよ。
お散歩もしっかり1時間は歩いてきました。



お散歩中は里親探しの事ばかり考えていたら
家の近くに人だかりが・・・
また、捨て猫でした。だけどちょうど居合わせた年配の方が
引き取ってくれることになって連れて帰られました。

       なんと運の強い仔でしょう。良かったぁ




そこに集まってた近所の子供たちに我が家にもいる
捨て猫の話をしたら、見たいと言ったので見てもらった。
みんな動物好きの良い子供たちばかりです

お父さんに話してみると言ってくれた子供
お家の近くに猫を飼ってるおばさんに話してみますと言ってくれた子供
高校生の男の子がブログに載せて呼びかけますと言って写真を撮ってくれた。


この気持ちが、誰かに届いて里親が見つかるといいなぁ~。

        みんなの気持ちに感謝ですね






あ~という間に夜が来た感じです。
どれほど、早く主人が帰ってくるのを待ったことか・・・

ワンコのお世話係さんには、にゃん達のお世話も
お願いしなければ・・・最後のにゃんごはんを
手伝ってもらい、助かりました。
そして食後のトントンも。

このトントン、主人の方が上手でした

       いっぱ~い出てぼっくりしたんだもん(笑)





明日はどうなるかな。
まだまだにゃん達との奮闘は続きそうです
スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

プロフィール

syokichi

Author:syokichi
大阪府在住の女性
シュナ ♂ 13歳10ヶ月
2003年3月20生

ラム  ♀11歳1ヶ月
2006年1月23日生

小梅(猫)♀ 約6歳4ヶ月
2010年 9月5日頃

銀(猫)♂ 約5歳9ヶ月
2011年 4月15日頃

空(猫)♂ 約4歳9ヶ月
2012年 4月 1日頃

あん(猫)♂ 約8歳と4ヶ月
2008年 9月5日頃

坊 (猫)♂ 約2歳と9ヶ月
2014年 4月30日頃

とと(猫)♀ 約2歳
2014年 4月

ビイ(猫)♂ 約8か月
2015年 6月

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
犬ブログ
FC2カウンター
リンク
犬ランキング ぽちっとしてね♪
    
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。